GEORGE WARRANTY

 

 

10年の瑕疵保証が必ずついてきます

warranty1

構造耐力上主要な部分とは?

    • A 基礎
    • B 壁
    • C 柱
    • D 小屋組
    • E 土台
    • F 斜材
    • G 床
    • H 屋根
    • I 横架材

雨水の侵入を防止する部分とは?

    • J 屋根の仕上げ・ 下地等
    • K 外壁の仕上げ・ 下地等

 

「品確法」による保証

「住宅の品質確保の促進などに関する法律」(品確法)は、消費者が今まで以上に安心して住宅を取得できるように定められた法律です。そこでは新たに「10年間の瑕疵保証制度」が設けられました。
この制度は、新築住宅の基本構造部分(住宅の構造上の主要な部分または雨水の侵入を防止する部分)について、住宅の供給者は引き渡しから10年間、瑕疵担保責任を負うというもの。瑕疵担保責任とは、瑕疵(欠陥)が見つかった場合に、それを無償で補修したり、瑕疵によって住宅取得者に損害が発生している場合は、その損害を賠償することを意味しています。

 

住宅性能表示制度も新設

また、この「品確法」では、住宅のさまざまな性能のうち、9項目について、図面と実際の工事について、それぞれ公的機関による性能評価を受けることができます。特に、工事に関する評価では、竣工までに合わせて4回の現場検査が行われるので、大きな安心材料になるといえます。なおこの制度の利用は有料で、約10万円程度の費用が掛かります。

 

品確法の9つの性能項目

  1. 構造の安定
    地震や風などで力が加わったときの建物の強さ(壊れにくさ)に関すること
  2. 火災時の安全
    火災が発生した場合の建物の燃えにくさなどに関すること
  3. 劣化の軽減に
    建物の劣化(木材の腐朽、鉄のさびなど)のしにくさに関すること
  4. 維持管理への配慮
    配管などの日常における維持管理(点検、清掃、修繕)のしやすさに関すること
  5. 温熱環境
    防暑、防寒など、冷暖房時の省エネルギーに関すること
  6. 空気環境
    ホルムアルデヒドの影響の排除など、室内の空気の清浄さに関すること
  7. 光・視環境
    採光などの視覚に関すること
  8. 音環境(選択項目)
    騒音の防止などの聴覚に関連すること
  9. 高齢者への配慮
    加齢等に伴う身体機能の低下に配慮した移動のしやすさや転落、転倒などの事故の防止に関すること

 

主な保証 : 完成保証・地盤保証・建物瑕疵保証・建物工事総合保証


ご来場予約はこちらから

素敵なプレゼント